シルクドシレイユ トーテム福岡プレミア

*ショーの感想は下の方にあります

昨日ブログを書いたのになぜか朝起きてたら写真しか掲載されていない
という謎現象がおきたのでがんばってもう一回かきます!1時間くらい
かかったのに・・・泣

昨日はトーテムの福岡プレミアにシルクドシレイユ様より招待状をいただいた
のでいってきました!天気もよかったのでチャリで。



ぶらぶら寄り道して70kmくらいをトレーニングついでにライド。



トーテムポーズ!このかえる役の人は日本人なんですよー!

中にはいってチケットを招待状と引き換えにシルクドシレイユ関係者ブース
で受け取ります。
ovoの時もいただいたのですがやっぱちょっと優越感あるなこれ笑

座ってみると両隣はトーテムのオフのアーティストでした笑

中にはいって演目をみると・・・
あれ?



倒立がない・・がビーン。代わりによくわからないディアブロがはいっている。
きっと隣座ってた人が倒立の人なんだろう。うんうん

ビックトップ内部はこんなかんじでいつも通り



俺はチュリトスを食べるのがすきです。



ダイハツの車は今回マッピングになってました。経費削減かな?笑

ここからショーの感想です

多くの同業者がいうことですがシルクドソレイユのアーティストの全体のレベルは
おちています。落ちているというか本当にうまい人たちがもうこないという印象です。
去年結構俺たちがあこがれたスター選手は結構やめてしまいました・・・。
一般の方には全部すごく見えるでしょうが、同じ世界の人間からするとさみしい限りです。
ドラリオン以降さみしいなと思っています。

しかしもちろん素晴らしい演目も多々ありました。
特によかったものの感想を書きます

コントーション
これは本当によかった。おおおーーさすがシルクドソレイユという演目です
おそらくモンゴルのデュオだと思うのですが、コント―ショニストの中でもかなり柔軟な
部類にはいる二人でアレグリアの初代コント―ショニスト、オーチキ チハヤバルを彷彿と
させる技を繰り出してくれます。個人的にはもっと片手技をバシバシやってほしかったなー!

トラピスデュオ
一丁ブランコの二人演目。最近ちょくちょくみるスタイルだが特に表現力が光っていたと思う
技術面も素晴らしくみていてまったく飽きなかった。ヨーロッパというよりは
モントリオールな雰囲気がかなりした。表現も作りこみ。技も攻めていく演技はシルクドソレイユ!
という感じがしてうれしかった。

サイエンティスト
ジャグリングの演目で2代目のトムウォールが演じている。昔でた世界大会で一緒になったなー
知った顔をステージでみるというのはうれしいものですよね。
そもそもこの演目のジャグリングはグレッグケネディというアメリカ人ジャグラーの
CONICというもの。それをトムが演じているのだがなんかただその演目をトムが演じているだけ
って感じがした・・・。トムは本当にオリジナリティがあり、普通のジャグリングでもめっちゃ
おもしろい。もっとトムらしいムーブメントもみたかったーーー!演技自体はノーミスでさすがの一言。

ローラースケート 
この演目自体かなり昔からあるが最近はやる人がへっているのか全然みない。
日本のオーディエンスは初めて見る人がほとんどではないだろうか??
内容はかなりクラシカルなものでそれにちょっと演出がついただけという感じ
技を見せる感じだ。最後はかなり衝撃的な技をやるので是非楽しみにみてほしい。

最後はロシアンバーだがもう演出によりすぎているという印象が全体的に強すぎた
最後も3回宙かとおもったが2回の捻り系だった。二人フライヤー(飛ぶ役)がいるので
一人は3回いってほしかったなー。

舞台装置はさすがの一言ですごい、テントも柱がないのでどこからでも見やすいです。
通な人やドラリオン以前の昔のシルクドシレイユが好きな物足りないでしょうが
行ったことない人は絶対後悔はしない内容です!

トーテムの福岡公演は3/19日までです!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タカシェンカ

Author:タカシェンカ
大道芸人/サーカスアーティストのタカシェンカブログへようこそ!
気軽に足跡のこしていってくださいね。パフォーマンス情報、練習情報。趣味のことなどなど公開しています。

ホームページ
タカシェンカ.com

世界の写真集

最新ジャグリング動画

ショーハイライト動画

Juggling space@北九州

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる