FC2ブログ

東欧編 その二 ベラルーシ ミンスク

ベラルーシとは白ロシアと言われることが多々あるが正確には
白いルーシの意味である。今日のロシアとは関係がない。


ちなみにルーシの発祥はウクライナ、キエフという風に言われており
今のウクライナ、ロシアの抗争はアジアにおける中華思想みたいな気がする。

Study! ルーシとは?? (クリックでwikiへ)

中国は日本の兄貴分と思っており、弟分がどうこうするのが気に食わない。
ウクライナもルーシ発祥の地という自負があり、全ルーシの兄貴分という自負がこの問題にすくなくとも関係あるように思える。

その点ベラルーシは完全に Happy to be with Russiaである。

ミンスク空港は比較的ちいさくぶっちゃけ北九州空港くらいの広さしかなかった


a_2014082807023151c.jpg

強制加入の保険というのがありパスポートコントロール、入管でこれに加入する必要があるがめちゃ安く、5日で5ユーロとかそんなもんある。
入管で必要な情報に不備がなかったのであっさりクリア。
ここで不備があると本当に帰国させられるので一番緊張するところである。昔ウクライナで不備があり本当に帰国せられそうになったのでマジでトラウマである。

ここで一つ普通の日本人が利用しない非常に優れた旅のポイントを。
今回はすべてアパートに宿泊しました、ホテルではなく。
ホテルよりは安い上、調理器具、洗濯機、タオルなどがすべて揃っているのでアパートレンタルのシステムが使える旅行先の場合、2-3人で旅行する場合は最適のチョイスといえるでしょう。
エクスペディアなどでチェック可能です。



中心部で一泊訳7000円くらい。
昔の建造物は天井が基本的にかなり高い。7ボールくらいできる高さがある。

ユースホテルなどホステルが一番安いのはいうまでもありません。

空港をでるとウクライナと同様に眼前に広がる白樺の森。
アパート管理会社の送迎サービスを利用していたので迎えの車で移動しました。



ぱっとみ首都のミンスクはキエフとかなり似ている印象で何か帰ってきた気すらしました。メトロのシステムや
走っているバスの種類。しゃべっている言語から飯まで。

ウクライナ時代でもそうでしたが、ここミンスクでも英語はほとんど通じないと考えた方がいいです。
ロシア語ができない場合は全然楽しめないといっていいでしょう。わけがわからないまま帰ることになりかねません。

しかしキエフ、ミンスクなど発展途上国の人々は観光客になれていない

ということを忘れないでください。観光客なんてそもそもほぼいません。大体みんななにしにこんなとこにきたんだ?と思っています。

今回はもちろん俺がロシア語の通訳を担当。

ロシア語ができるとロシア語が母国語の人たちはすごく優しいです。
話が弾みます。英語だけで国々を回るとよほどお互い上手くないとその地域の人々の心情は理解できません。
わかったつもりで終わることうけあいです。英語で話す時と地域の言語でつたなくても話すのはまったく違う印象をうけるでしょう。

言語を勉強するというのは文化を勉強することです。
英語ができる人は英語の教材を使うと諸外国語を勉強するのが
スムーズになると思います。正直日本語でいいロシア語のテキストを
俺は知りません。ウクライナ時代の後半は英語のテキストでロシア語
勉強していました。非常にわかりやすく英語の勉強にもなるし一石二鳥でした。

だから俺は言語を勉強するのが好きだし、言葉は旅を500%増しで
価値あるものにしてくれます。

個人的に元ソビエトの国々の料理は日本人に口に合うおもいます。
なぜ元ソビエトと書いたかというと、みなさんの知るボルシチは
ロシア料理はなくウクライナ料理でり、ロシア料理とおもっていても違う地域の発祥であることが多々あるからです。

レストランで感心したのはメニューに写真がついているということ!
行ったほとんどのレストランで写真つきメニューがありました。



お薦め元ソビエト料理を紹介します。

ボルシチ(サ スメタノイ、サワークリーム付きの意)



クヴァース


シューバ(手前左

ブリヌィ(手前右

シャシリク(真ん中左、本当は串に刺さっている





現地のビール。



ミンスク見所

勝利広場




レーニン像



正面から写真をとらないと文句言われます。

KGB本部周辺(この人がKBGをつくった。
現在は鳥が頭によくとまるようだ。




サーカス



旧市街にある馬の像

逆立ちOKである、みんなよっぱらって馬に飛び乗ったりしていた。

3.jpg

ナイトアクティビティ



カリヤン ノーメル アディン(水タバコNo1の意)

中東の水タバコも人気である。いまある電子タバコは実際これの電子版。
吸いくちが同じでしょう?



ブラックホールバー(今一番熱いクラブ、要ドレスコード)
価格はかなり高い、入場料が1り2000円くらいでドリンクも全部2000円以上する。





パンダとウサギとめちゃ美人とめちゃこわいSPがたくさんいた。
気になってしょうがない大人だけ下の動画をみよう。



そこのあなた!!! 関連動画も見ようとしていますね???

動画をみて美人しかいないじゃないか!と思ったひと、ほんとにいないんですよ。
それはなぜかというと。英語でいうFace contorol といのがあり、クラブのクオリティを維持するために

美人しかいれてもらえないのです。







ベラルーシには世界遺産といえば
ミール、ネースビジュ及び関連遺跡群でしょう。

世界遺産を勉強していることをしっている親友が誕生日の日にこの遺産ツアーをくんでプレゼントして
くれました!!マジ感激です!!!!!!!

ミール城


ネジュビジの方見応えあります。

狩の間


刀剣


行きやすいと言ってもかなり行きにくいです、ツアーなど利用するとよいでしょう。
ミンスクからここまで車で1時間半くらい、道中本当になんもありません、山もないので空がめっちゃ広いです。

ミンスク編はこんなかんじでした。

次回 ラトビア リガ編に続く!!!

プロフィール

タカシェンカ

Author:タカシェンカ
大道芸人/サーカスアーティストのタカシェンカブログへようこそ!
気軽に足跡のこしていってくださいね。パフォーマンス情報、練習情報。趣味のことなどなど公開しています。

ホームページ
タカシェンカ.com

世界の写真集

最新ジャグリング動画

ショーハイライト動画

Juggling space@北九州

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる